インタームーブ
お問い合わせ

HOME > メールニュース アーカイブ  > メールニュース

メールニュース

Salesforceの承認機能を強化して、もっと便利に!

2018年01月31日
株式会社インタームーブ

いつもご覧頂きありがとうございます。

2018年がスタートしてから一月が過ぎようとしていますね。

今年1回目の今回は、Salesforce標準ワークフロー機能と
インタームーブのオリジナルアプリケーション「AppMoveワークフロー」
のオリジナル機能についてご紹介させていただきます。

Salesforceの承認機能を強化して、もっと便利に!

AppMoveワークフローは、業務に合った承認フローをSalesforce上に
実現できる機能を多数盛り込んでいます。

日々導入企業が増え、CRMシステムは世界で10万社以上が利用しているSalesforce。
標準で申請・承認等のワークフロー機能が用意されています。
標準実装で済めば、導入やメンテナンスにかかるコストも時間も
大幅に省けるなどメリットが多くありますが、
いざ使い始めてみると、もう少し機能がほしいと思うことも。

「毎年恒例の組織変更、発表がぎりぎりで
 タイトなスケジュールだけど、対応できる?」
「組織変更日までに承認が完了しない。
 組織変更後も前の組織長に承認して欲しい。」
「部門をまたがった兼務の役職者、それぞれの部門で
 正しく承認ができる?」

AppMoveワークフローを使えば、Salesforce標準のワークフロー機能をより強力にし、
日本固有のきめ細やかなワークフロー要望にも対応することが可能です。


◆Salesforce標準で可能な機能例

「管理業務」
・申請の種類ごとにワークフローを作ることができる
・併行分岐のあるフローを作ることができる
・条件分岐のあるフローを作ることができる
・フローの分岐条件には、数値や文字列比較に加え複雑なロジックを組み込める

「申請業務」
・代理申請できる
・申請をデータ保存できる
・申請時にさまざまな形式のファイルが添付できる
・申請の取消ができる

「承認業務」
・承認者には、個別/複数のユーザ、グループを割り当てることができる
・承認時、申請者や次の承認者に通知ができる


◆AppMoveワークフローの導入で、上記Salesforce標準に追加となる機能例

「管理業務」
・組織図・フローの一括更新ができる
・組織図・フローの世代管理ができる
・申請・承認業務を止めずにフローの変更ができる
・申請状況、承認状況の特別な条件を含めたレポートが出力できる

「申請業務」
・ワークフローの進捗状況が色別により一目で把握できる
・申請時、コメントを追加することができる

「承認業務」
・承認者を自動的に検出することができる
・承認者が不在な期間、承認を委任することができる
・複数部門を兼任している場合、それぞれの部門の申請を承認できる
・自分がすでに承認した申請は、承認をスキップするよう指定ができる
・差戻し先を自由に指定できる


ちょっとした違いかもしれませんが、大変使い勝手が良くなると好評です。
利用するには特に別のパッケージ、グループウェア等をインストールする必要はありません。


弊社ホームページでもAppMoveワークフローをご紹介しています。
http://www.intermove.co.jp/service/appmove/


ワークフローについてご相談がございましたら、下記よりお気軽にお問い合わせください。


◆お問い合わせはこちらから
https://intermove.zendesk.com/hc/ja/requests/new

Salesforce対応アプリ&コンサルティングサービス ラインナップ!

  • AppMove ワークフロー(アプリ)
    Salesforce上でワークフローや承認申請を思いどおりに実現できる、オリジナルのアプリケーションです。
    大規模なワークフローや承認申請の実装、既存システムからSalesforceへの移行まで、
    2008年以来数々のSalesforce案件をこなし培ったノウハウでご支援いたします。
  • AppMove BOX(アプリ)
    Salesforceとも連携可能な国産のオンラインファイルストレージです。
  • CI革命(アプリ)
    会計事務所とお客様の新しい関係性を構築する業務改革システムです。
  • Salesforceコンサルティング
    サービスクラウドの認定コンサルタントも在籍しております。

このページの上部へ