インタームーブ
お問い合わせ

HOME > メールニュース アーカイブ  > メールニュース

メールニュース

開発不要で申請承認!商談などのSalesforce標準画面から、直接申請・承認ができます

2018年09月28日
株式会社インタームーブ

社員Aさん
「普段使ってるSalesforce上で、稟議とか経費申請のワークフローをやりたい!」
(情シスさん、なんとかして!)

情シスBさん
「社内からワークフロー対応の要望は多いけど、日本のワークフローは複雑だし、
やること多すぎて一つ一つに時間がさけない!人手が足りない!」
(サマータイム導入見送りって、実際どうなんの!?)


なんてことを日々思われている皆さま、朗報です。

日本特有の多様な承認フローをSalesforce上で実現できるアプリ「AppMoveワークフロー」。
この度、メジャーバージョンアップを行い、Lightningコンポーネントの提供を開始いたしました!
かんたん設定で、普段利用している画面からの申請・承認が可能になります。
しかも!開発がいらないので、導入にかかるコストも期間も削減できます。

開発不要で申請承認!商談などのSalesforce標準画面から、直接申請・承認ができます

「バージョンアップはわかったけど、『かんたん設定』『開発不要』って具体的にどういうこと?」

それでは実際に「商談」オブジェクトで、画面に設定してみましょう。

新バージョンの「AppMoveワークフロー」をインストール後、
設定から「Lightningアプリケーションビルダー」を開きます。
商談のレコードページを「新規作成」あるいは「編集」で開きます。
画面左側のLightningコンポーネントペイン>カスタム欄(下記赤枠内)に
「AppMoveワークフロー」のLightningコンポーネントが表示されています。

Lightningコンポーネントをドラッグ&ドロップで画面に配置していきます。

配置が完了したら、商談のレコードページを有効化し、設定を保存します。


配置後の実際のオブジェクトの画面例です。
赤枠がAppMoveワークフローのLightningコンポーネントです。
本当に「かんたん設定」「開発不要」で、商談画面に申請・承認の機能が追加できました!



「AppMoveワークフロー」は、並行承認フローや条件分岐フローなど、日本特有のワークフローにも対応しています。
導入コストや手間を抑えて、Salesforceのワークフロー機能を充実できるなんてメリット多いですよね。
新バージョンの「AppMoveワークフロー」に興味アリ!という方は、お気軽にお問い合わせください。

◆「AppMoveワークフロー」のお問い合わせはこちらから
https://intermove.zendesk.com/hc/ja/requests/new

◆「AppMoveワークフロー」メジャーバージョンアップのお知らせ
http://intermove.co.jp/news/20180920.html

Salesforce対応アプリ&コンサルティングサービス ラインナップ!

  • AppMove ワークフロー(アプリ)
    Salesforce上でワークフローや承認申請を思いどおりに実現できる、オリジナルのアプリケーションです。
    大規模なワークフローや承認申請の実装、既存システムからSalesforceへの移行まで、
    2008年以来数々のSalesforce案件をこなし培ったノウハウでご支援いたします。
  • AppMove FAX送信サービス(アプリ)
    Salesforceから直接FAXを送信できる、オリジナルのアプリケーションです。
    SalesforceとインターネットFAXを連携することで、作業のミスや手間、コストなどを削減することが可能です。
  • AppMove SMS送信サービス(アプリ)
    Salesforceから直接SMSを送信できる、オリジナルのアプリケーションです。
  • AppMove BOX(アプリ)
    Salesforceとも連携可能な国産のオンラインファイルストレージです。
  • CI革命(アプリ)
    会計事務所とお客様の新しい関係性を構築する業務改革システムです。
  • Salesforceコンサルティング
    サービスクラウドの認定コンサルタントも在籍しております。

このページの上部へ